妊娠中に飲んではいけない便秘茶

便秘になったらできるだけ自然な形で解消したいと思うもの。

 

そんな時には便秘に効くお茶なら安心なんじゃないかと思われがちですが、実は妊娠中には飲んではいけないお茶があるのです。

 

妊娠中でも安心な便秘対策の為のお茶と、飲むと危険なお茶の見分け方をご紹介します。

 

妊娠中に摂取するのは危険な成分とは?

巷で販売されている“妊娠中でも安全な便秘茶”と、謳われているものの中には、実は妊婦さんの身体には良くない成分が含まれているものがあるのをご存知ですか?

 

それは下剤効果のある成分です。

 

下剤効果があると、たしかに即効性はありますが子宮に刺激を与えて収縮させてしまう作用があるのです。

 

子宮収縮が頻繁に起こると、早産や流産のリスクが高まりますので絶対にやめましょう!

 

センナ茶の副作用

下剤効果がある成分として、有名なのがセンナですね。
センナ茶には、下剤成分であるセンノシドが含まれています。

 

センノシドが原因で起こる副作用として、子宮収縮以外にも脱水症状や悪心、身体を冷やす作用があります。

 

そのため、妊娠中はセンナ茶はとても危険だという事になります。

 

もしかしたら、あらゆるサイトで妊娠中にセンナ茶を飲む事の危険性が言われているのでご存知だったかも知れません。

 

しかし、危険な成分はセンナだけではなかったのです。

 

あまり知られていないけど実は危険なキャンドルブッシュ

その成分とは、最近になって便秘解消に注目されている成分である“キャンドルブッシュ”(別名 ゴールデンキャンドル)です。
キャンドルブッシュは、自然なお通じというよりも下剤的な効果が強いんです。
それは、キャンドルブッシュに含まれているアントラキノン系の成分のせいです。

 

このアントラキノン系下剤は、長期間使用すると大腸メエラノーシスを起こして腸の機能低下を招くリスクがあります。
また、下剤に対する依存が生まれるので飲む続ける事で、自分の力で排便できなくなる可能性もというのです。

 

いわゆる下剤依存症ですね。
そうなってからでは治療はやっかいなものになりそうです。

 

薬を飲むのは怖いから、安全そうなお茶を選んだのに、このような事が起こってしまったらまさに本末転倒です。

 

便秘対策として、少しブームになりつつあるキャンドルブッシュ配合のお茶ですが、妊娠中に限らずに長期間使用するのはとても危険です。
さすがにセンナに比べると、リスクは小さいようですがそれでも子宮収縮の恐れの可能性がある事に変わりはありません。

 

ですので、あなたが便秘解消茶を選ぶ時には、キャンドルブッシュが配合されていない事を確かめてから購入して下さいね。

 

次のページでは、妊娠中に安心して飲める便秘対策のお茶を念入りに成分を調べてピックアップしてみましたので参考にしてみて下さい。

 

⇒妊娠中でも安全な便秘対策のお茶を比較してみました。

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る