便秘解消茶の使用

>> ふるさと青汁公式サイトはこちら <<

 

4000万杯を突破の人気のお茶

妊娠中に便秘になっても、副作用のある薬を飲むという行為は最終手段にとっておきたいもの。

 

妊娠中でも安心な素材で自然に出るのが一番なので、即効性を求めるのは色々とリスクがあります。
ですので、自然にするりと排出できるような体質作りを目指すのが一番だと思いませんか?

 

ふるさと青汁は、一歩進んだお掃除青汁として多くの人から愛飲されていて、その数は4000万杯を突破しています。

 

飲んだ人の7割は2週間以内にスッキリが実感できているというアンケートがあるので、この点は購入の大きな判断基準になるのかも知れませんね。
また、テレビやラジオ、雑誌にも紹介されているので認知度も高いのも安心材料のひとつと言えそうですね。

 

7割の人が2週間以内にスッキリを実感

身体に優しい成分なのに、この手のお茶にしては短期間で実感できるのは、どうしてなのでしょうか?

 

それは原料である明日葉には、不要物の排出をサポートする栄養が大量に含まれているからです。
その含有量は緑黄色野菜の中ではトップクラス。
また、明日葉には、カルコンというポリフェノールが含まれていて、巡りを良くする力を持っています。
体内の滞った巡りの通路を広げる作用があり、蓄積した不要な物をどんどん排出してくれます。

 

そして、余分な水分を出してむくみをスッキリさせる働きを持つカリウムが配合されていますし、お腹の調子を整える食物繊維も含まれています。

 

以上の3つの成分を絶妙な配分で組み合わせて製造されているので、強い成分(下剤など妊婦に良くない成分)が入っていないのに、短期間で実感する人が多いという訳ですね。

 

むくみが軽減

たしかに妊娠するとむくみがひどくなりますよね。
足の甲や足首、すねなどがむくんで指で押してもすぐには戻りませんし、靴が履きにくいので困りますよね。
また、寝起きは顔もパンパンになるので鏡を見るのも嫌になったりして。

 

病院で相談しても、水分を多く取ってそして出すようにして下さいと言われるけど、そう簡単にはいきません。

 

妊娠中って、以外にむくみで悩んでいる人が多いと聞きますが、あなたはいかがでしょうか?

 

そんな時にもおすすめしたいのが、ふるさと青汁です。

 

ふるさと青汁には、便秘だけじゃなく、妊娠中に多く現れる現象である“むくみ”がスッキリする作用があります。

 

気になる味は?

どんなに身体に良いものでも、あまりにもひどい味だったら飲めませんよね?

 

妊娠中は安定期に入るとつわりはかなり治まりますが、それでも完全ではない人が多いようです。
ましてや、便秘がひどくなると、つわりはなかなか治まらないので、あまりにも飲みにくかったら戻してしまいそうな・・・

 

しかし、ふるさと青汁は子どもの偏食にもオススメされているくらい、飲みやすいのです。

 

苦味が少なく、匂いはヨモギのような感じ。更に甘みのある大麦若葉や桑の葉を独自の配合でブレンドされているので好みもあると思いますが、まずくて飲めないという事はなさそうです。

 

期間限定キャンペーン

現在、期間限定で初めて購入した人を対象に2週間分プレゼントがあります。

 

まずは、この2週間分のサンプルを試してみて、満足できなければ全額返金してくれる保証もついています。

 

これでもし自分に合わなかったらどうしよう?というリスクもなくなるので安心して、お試しができますね。

 

ふるさと青汁は、通常価格は3990円で約1カ月分となっています。

 

キャンペーンが終了する前に、更に詳しい内容をチェックして見てはいかがでしょうか?

 

↓ふるさと青汁で安全にお腹スッキリ体験してみる↓

 

 

 


このページの先頭へ戻る