プルゼニド|妊娠中の便秘薬

プルゼニドはどんなお薬?

プルゼニドは大腸刺激性下剤といって、腸を刺激して排便を促す下剤です。
副作用が軽い事から妊娠中でも比較的安全だと言われています。

 

飲み方は?

通常は1回1〜2錠を就寝前に服用します。
効き目が現れるのは8〜12時間後とされています。

 

飲むときの注意としては、大量の水で飲むようにしましょう。

 

副作用

副作用は比較的軽く、安全性が高いとされていますが、全く副作用がない訳ではありません。

 

主な副作用は腹痛、下痢、吐き気、発疹などが報告されているので、異常を感じたらすぐに病院に相談しましょう。

 

また、依存性や習慣性があるのでだんだん効かなくなる傾向にありますので長期間の服用は避けた方が良いでしょう。
自然排便がしにくい体質になってしまいます。

 

便秘は女性に多い症状の1つで、お腹が張って苦しさを覚えている人も少なくありません。
そういった時には、下剤を服用することで強制的に便を排出することが可能ですが、正しい使用方法を守らないと下剤そのものの効果がなくなってしまいます。
下剤の役割は、溜まってしまった便を排出してくれるというだけで、便秘体質を改善する効果はありません。
ですので、まずは腸内環境を整えて排便をスムーズに行える体質を作ることが重要です。
とくに妊婦の下剤服用は、胎児にどのような影響を及ぼすのか明確にされていないため、処方された薬であっても100パーセント安全だといえないでしょう。

 

そのような理由から、妊娠中の便秘対策にサプリを選ぶ人がいます。
あなたは、薬で治すタイプ?それとも赤ちゃんに安全なサプリ派?

 

妊娠中の便秘対策サプリの比較


このページの先頭へ戻る