マグラックス 妊娠中の便秘薬

マグラックスはどんなお薬?

マグラックスは塩類下剤に分類される便を軟らかくするお薬で、成分は酸化マグネシウムです。
比較的穏やかな効き目が特徴で、副作用が軽いとされているので妊娠中でも病院で処方される事が多いようです。

 

塩類下剤であるマグミット錠と同様、習慣性は少ないので飲み続けても効果は変わらないとされています

 

副作用

副作用は比較的軽く、安全性が高いとされていますが、全く副作用がない訳ではありません。

 

軟便、下痢、腹痛などがあります。
また、長期間飲み続けていると重い副作用として高マグネシウム血しょうがあります。
高マグネシウム血しょうの副作用は、身体がだるい、吐き気、まぶたが下がる、口の中が渇く、筋力低下、血圧低下、眠気、意識が薄れる、息苦しさを感じる、徐脈などです。

 

高マグネシウム血しょうは、めったに起こるものではないので、過剰な心配は無用ですが、薬には副作用が多かれ少なかれ、必ずあるという事は知っておくべきだと思います。

 

妊娠中の女性で便秘に悩まされ、産婦人科で便秘薬を処方してもらっているという人が多くなっています。
しかしながら、常に服用し続けているとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあるといわれています。
それに便秘薬を飲み続けていると、その効き目が段々薄くなるというデメリットもあります。

 

便秘薬を服用することで、お腹に溜まった便を排出することはできますが、便秘の原因ともいえる腸内環境の悪さを改善することはできません。
したがって、便秘薬を服用するのは、どうしてもお腹が張って苦しい時だけするといった、計画的な使用方法が望まれます。

 

そのような理由から、妊娠中の便秘対策にサプリを選ぶ人がいます。
あなたは、薬で治すタイプ?それとも赤ちゃんに安全なサプリ派?

 

妊娠中の便秘対策サプリの比較


このページの先頭へ戻る