マグミット錠|妊娠中の便秘薬

マグミット錠はどんなお薬?

マグミット錠は腸からの水分の吸収を抑える事によって、便を柔らかくするお薬で、妊娠中の便秘の時に病院でも処方される便秘薬です。
主成分は酸化マグネシウムで塩類下剤に分類されます。

 

マグミット錠は、胃酸を中和させる働きがあるので胃炎や胃潰瘍の治りを良くします。
習慣性は少ないので飲み続けても効果は変わらないとされています。

 

飲み方

お薬、特に便秘薬はいずれも同じですが、たくさんの水で飲むのが良いです。
飲んですぐに効果が出るタイプではなく、効くまでに数時間はかかるので寝る前に飲むと良いでしょう。

 

副作用

主な副作用として下痢などが報告されています。

 

また、めったにないようですが、高マグネシウム血性の初期症状として、身体がだるい、吐き気、まぶたが下がる、口の中が渇く、筋力低下、血圧低下、眠気、意識が薄れる、息苦しさを感じる、徐脈などがあります。
また安全性は高いですが、効きにくいからと量を増やすと軽い腹痛や難便になりますので、服用量を守りましょう。

 

病院で処方される時に、ラキソベロンと一緒に処方される事が多いようです。
普段はマグミットで、そしてどうしても出ない時はラキソベロンを飲むなどと使い分けする人も。

 

便秘の辛さに耐え切れず、下剤を使用して強制的に排泄を促すという人は多いですが、その服用方法について気をつけなければなりません。
下剤とは、現在腸内に溜まっているものを排泄するためのもので、自分で腸内環境を正常にしなければ、いずれまた便秘を患うことになります。
そして下剤を常に飲み続けていると、下剤の耐性がついてしまい、効果も薄くなります。
妊娠中の女性で便秘を患っている場合、病院で処方された便秘薬だからと安心して飲み続けるのも問題です。
なぜなら、便秘薬が胎児に何かしらの影響を与えてしまう可能性も、ゼロではないからです。

 

そのような理由から、妊娠中の便秘対策にサプリを選ぶ人がいます。
あなたは、薬で治すタイプ?それとも赤ちゃんに安全なサプリ派?

 

妊娠中の便秘対策サプリの比較

 


このページの先頭へ戻る