便秘薬が母体に及ぼす影響

こんなに怖い!?母体に及ぼす影響

妊娠中に便秘になってしまったら、かなり辛いので思わず、薬局やドラッグストアに便秘薬を買いに行ったという経験はありませんか?

 

しかし、薬剤師さんに相談すると妊娠中に飲める便秘薬はありませんと止められる事もあるようです。

 

妊娠中に薬を飲む事は、もちろん良くないと分かっていても具体的にどのような悪影響を及ぼすものなのかを調べてみました。

 

流産や早産を引き起こすリスク

便秘薬の中には、切迫流産や自然早産を引き起こす危険な薬もあります。

 

それは、どういう事かというと便秘薬の成分の中に子宮を収縮させる作用を持つものが含まれている場合があるからです。

 

子宮が収縮すると、子宮の中のものを押し出そうとします。

 

すなわち、生まれる準備段階の赤ちゃんを、無理やり子宮の外に追い出してしまうので、流産や早産になってしまうという訳です。

 

また、収縮する事で血管も収縮するので、子宮内の血流も悪くなります。
その結果、必要な栄養素や酸素が子宮に届きにくくなります。

 

収縮している時間が長かったり、頻度が多ければお腹の赤ちゃんが苦しがるかも知れません。

 

このような理由から、妊娠中にむやみに市販の薬を飲むのは危険だという事になります。

 

もし、あなたがどうしようもなく便秘で苦しんでいる場合は、産婦人科でも妊娠中でも飲める便秘薬を処方してくれますので、ドクターに相談される事をお勧めしますが、それはあくまでも最終手段として考えた方が良さそうです。
病院で処方される薬にも、副作用があるので100%安全とは言い切れないので、ご心配ではないでしょうか?

 

もし普通の食品で便秘が解消できるなら、それが一番だと思いませんか?

 

実はオリゴ糖という食品があるのですが、オリゴ糖がどのように便秘に効果があるのかを詳しくお話しましょう。

 

⇒オリゴ糖の効能


このページの先頭へ戻る