妊娠中,お腹の張り,便秘の張りはどう区別するの?

お腹の張りとは?

妊娠中にお腹が張ると、とても苦しいですよね。

 

そもそも、妊娠中にお腹が張るという事はどのような事なのでしょうか?

 

お腹が張るという事は、子宮の収縮が起こっている事によるものです。
したがって、お腹の張りは切迫流産や早産のリスクを知らせてくれる赤ちゃんからの重要なサインなのです。

 

お腹の張りの頻度

妊娠20週を過ぎる頃からお腹の張りを感じる人が多くなります。
頻度としては、1日に4〜5回、多くても7〜8回くらいなのでその程度ならば生理的なものなので正常範囲だと言えるので過剰に心配する必要はないようです。

 

便秘の時の張りとの違いはどう判断するの?

ややこしいのが、妊娠中の便秘の時のお腹の張りです。
妊娠中に便秘になるのは良くあることなのですが、お腹が張る度に心配になりますし、安静にしなくてはいけない事でストレスにもなりますよね。

 

そこで、子宮収縮による張りと便秘の張りの違いをお話しましょう。

 

まず便秘の場合は、お腹は痛みますがカチカチにはなりません。
子宮収縮の場合のお腹の張りは、痛みはないけれどお腹を触るとカチカチになるという感じでしょうか。
例えば風船をパンパンに膨らました時のあの感じです。

 

このように、お腹が痛いかどうか、触ってみてカチカチになっていないかをチェックすると良いですよ。

 

お腹が張った時の判断基準はお分かりになられましたか?

 

これであなたが自信を持って判断できれば良いのですが、
それでも不安な場合は、遠慮せずに産婦人科で受診して相談する事が一番です。

 

妊娠中は、もともとは楽観的な人でさえあれこれ考えて不安になるものです。
特に初産の場合は、初めての事だらけなので不安になるのも当然ですので、不安材料はできるだけ取り除く事が胎教にも良いのではないかと思います。

 

また、便秘を解消する事で「この張りはどっち?」と心配する必要がなくなるので、日頃から便秘対策を取る事も必要です。

 

 


便秘を解消するには、繊維質のものや
ヨーグルトなど便通が良くなるものを食べるようにしましょう。

 

しかし、どうにもならない頑固な便秘の場合は、
妊娠中でも安心して摂取できる健康食品を利用するのもひとつの方法です。
⇒妊娠中でも安心な便秘対策サプリ


 


このページの先頭へ戻る