妊娠中に紅茶は良くない?

紅茶が良くない理由

妊娠中にコーヒーは、カフェインが含まれているから控えた方が
良いと言われているのは、よく聞く話だと思いますが、
その代わりに紅茶なら大丈夫!と思って安心してガブガブ飲んでしまう人がいるようです。

 

実はこれって大きな間違いなんですよ。
それは紅茶にも、カフェインが含まれているからです。


 

妊娠中のカフェインの影響

そもそもなぜ、カフェインの摂り過ぎは良くないのかと言うと、切迫流産や早産、低出生体重児の原因になると言われているからです。

 

また、ママが大量に飲んだカフェインを未発達の赤ちゃんの身体では、ろ過する機能が弱いんです。
1杯のコーヒーや紅茶なら3日はかかると言われています。

 

そしてカフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。
妊娠中は、ただでさえ貧血になりやすいのでそれを増長させてしまう結果になるのです。

 

それだけではありません。
カフェインは尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまうので、せっかくカルシウムを摂っても、カフェインのせいでカルシウムが流れてしまいます。

 

このような理由から、妊娠中はカフェインは摂らない方が良いと言われている訳です。

 

コーヒーにカフェインが含まれている事は、結構有名なのですが、紅茶にカフェインが含まれている事を知らない人は案外多いようです。

 

実は紅茶の方がカフェインが多いという説もあるようですが、実際はどうなのでしょうか?

 

コーヒーと紅茶はどっちがカフェインが多いの?

実際にコーヒー豆と紅茶の葉のグラム数でカフェインの量を比べてみた所、カフェイン含有量では紅茶の方が多いんです。
そして実際に、カップ1杯分として比較して見ると紅茶の茶葉の使用分は少しで良い事を考えると、コーヒーの方がカフェインが多くなるという事が分かりました。

 

ですので、ある説では紅茶の方が高いという人もいますが、カップ1杯に含まれる量で言えば、やっぱりコーヒーの方が多いという訳ですね。

 

どの飲み物ならカフェインは少ないの?

飲み物のカフェイン含有量を比較してみました。

 

 

この比較からお分かりのように、日本茶やココアですらカフェインが含まれている事が分かりました。
赤枠で囲んでいる部分の飲み物ならカフェイン0なので、安心という訳ですね。

 

妊娠中はノンカフェインのものを

妊娠が分かる前は、コーヒーや紅茶を飲んでいたのに急に控えるというのは、赤ちゃんの為とはいえストレスになりますよね?
ひどくストレスになるようなら、大量に飲まなければOKという説もありますが、それでも心配。という人はどうすれば良いのでしょうか?

 

でしたら、ノンカフェインのコーヒーや紅茶を選んで飲むようにしましょう。
「ノンカフェイン・カフェインレス・カフェインフリーなどと書かれたコーヒーや
紅茶を選べば大丈夫です。

 



このページの先頭へ戻る