麻子仁丸の特徴 副作用

麻子仁丸の効能

便秘を解消するために、市販の便秘薬や下剤ではなく、漢方薬を利用する人が増えているようです。

 

数多くの便秘に効くといわれている漢方薬のなかでも有名となっているのが、「麻子仁丸(マシニンガン)」です。
「麻子仁丸」は、麻子仁・杏仁・大黄・厚朴・枳実・芍薬の、6つの生薬から構成されています。
高齢者や妊婦さんなど、比較的体力が少ない人のための便秘解消漢方薬で、水分が少なく乾燥して出にくくなったコロコロの便を排泄するのに適しているといわれています。

 

注意しておきたい副作用

通常は食前や空腹時に服用することで、その効果を発揮することができます。

 

ですが、服用した時に吐き気などを覚えてしまう場合には、食後の服用でも構いません。
また、構成生薬の1つである「大黄」は、腸の運動を高める効果が強いので、ほかに漢方薬を服用している場合には、「大黄」が重複していないかをきちんと確かめることが重要となります。

 

j妊婦さんの場合はとくに、大量に「大黄」を服用すると、子宮収縮作用などがあるといわれているため、過剰な服用を絶対に避けるべきです。

 

基本的に、漢方薬というのは市販の便秘薬と較べて急激に効果をもたらすものではありませんが、その分副作用は少なく母体にも安全性は高いといえるでしょう。
しかしながら、100パーセント全く副作用がないとは言い切れませんので、自己判断で利用することなく、かかりつけの産婦人科などで相談をしてから購入をするのが望ましいでしょう。


このページの先頭へ戻る