妊娠中に飲んではいけない便秘の漢方薬の成分

妊娠中の便秘にNGな漢方薬の成分

漢方薬といえば、副作用が少なく安心なイメージがありますが、全ての漢方薬が妊娠中に安全に服用できるという訳ではありません。

 

ここでは、妊娠中には避けた方が良いとされる漢方薬の成分をご紹介します。

 

大黄

大黄は、ダテ科ダイオウ属の一部植物の根茎を乾燥させたもので、瀉下作用があるので便秘薬として使用されています。
別名、「将軍」とも称されている漢方医学では最も重要な生薬のひとつです。
しかし、子宮収縮を促進する副作用もあるので妊娠中は避けた方が良いとされています。

 

センナ

センナは、植物性の下剤です。
下剤の中でも、大腸刺激性下剤と言われる強い作用がある薬です。
この作用は、子宮収縮を促進させるので大黄同様に、避けた方が無難です。
なぜなら、子宮収縮が頻繁に起こると切迫流産や早産のリスクが高まるからです。

 

アロエ

アロエは、栄養価が高く整腸作用があると言われていて、とても安全なイメージがあります。
しかし、アロエには子宮収縮作用があるので妊娠中は避けるべきだという事が分かっています。

 

以上、妊娠中に子宮を収縮させる代表的な成分を3つ挙げましたが、もしあなたが病院で漢方の処方薬を出されたとしたら、おそらくこれらの成分は含まれていないだろうと思います。

 

しかし、万が一漢方薬なら大丈夫だと思ってドラッグストアなどで市販薬を手にしたとしたら、上記の様な恐ろしいリスクがあるかも知れませんので、注意が必要です。

 

妊娠中の便秘は、どうにかして!と泣きつきたいくらいに辛いものですが、それと同時に安易に薬に頼るのも怖いものです。
例え、産婦人科で処方された薬であっても、怖くて処方箋どおりに飲めないという人もいます。
薬には、多かれ少なかれ必ず副作用があるので、そう思う人がいても無理はありませんよね。

 

大切な赤ちゃんの為にも、口にするものは吟味する必要があるのでしょうね。

 

そのような理由から、妊娠中の便秘対策にサプリを選ぶ人がいます。
あなたは、薬で治すタイプ?それとも赤ちゃんに安全なサプリ派?

 

妊娠中の便秘対策サプリの比較


このページの先頭へ戻る