漢方薬の種類

妊娠中でも飲める便秘の漢方薬の特徴と副作用

漢方薬といえば、副作用が少ない安全なお薬と言うイメージがあります。
妊娠中に便秘になり、どうしても薬を飲まないとスムーズな排便ができないという場合は、思わず薬に頼りたくなりますよね。

 

安全な漢方薬なら、大丈夫?と思われがちですが、配合されている成分によっては危険なものもあります。
大切なあなたの体と赤ちゃんの為にも、薬の内容を理解して安心な妊娠ライフを送りましょう。

 

以下の目次「漢方薬の種類一覧」には、便秘の漢方薬の名称を並べています。
その薬の特性や副作用などをまとめていますのでご参考になさって下さい。

漢方薬の種類と副作用記事一覧

妊娠中に飲んではいけない便秘の漢方薬の成分

漢方薬といえば、副作用が少なく安心なイメージがありますが、全ての漢方薬が妊娠中に安全に服用できるという訳ではありません。ここでは、妊娠中には避けた方が良いとされる漢方薬の成分をご紹介します。大黄大黄は、ダテ科ダイオウ属の一部植物の根茎を乾燥させたもので、瀉下作用があるので便秘薬として使用されています。別名、「将軍」とも称されている漢方医学では最も重要な生薬のひとつです。しかし、子宮収縮を促進する副作用もあるので妊娠中は避けた方が良いとされています。センナセンナは、植物性の下剤です。下剤の中でも、大腸刺激性下剤と言われる強い作用がある薬です。この作用は、子宮収縮を促進させるので大黄同様に、避けた...
続きはコチラ

桂枝加芍薬大黄湯の特徴と副作用

妊娠中でも比較的安心な便秘の漢方薬が複数ありますが、その中でも「桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)」に、人気が集まっています。「桂枝加芍薬大黄湯」に含まれている生薬には、穏やかな発汗作用のある「桂皮」を中心として、腹痛の痛みを和らげてくれる「芍薬」など、全部で6種類で構成されています。便秘の苦しみにはいくつかの種類がありますが、とくに長期にわたって便秘に悩まされている人や便秘によって腹部が膨張し、腹痛を起こしてしまうといった人に対し、より効果があるといわれています。注意しておきたいこと妊娠中でも比較的安全と言える漢方薬ですが、副作用とも言える注意しておきたい事があります。それは...
続きはコチラ

麻子仁丸の特徴や副作用

便秘を解消するために、市販の便秘薬や下剤ではなく、漢方薬を利用する人が増えているようです。数多くの便秘に効くといわれている漢方薬のなかでも有名となっているのが、「麻子仁丸(マシニンガン)」です。「麻子仁丸」は、麻子仁・杏仁・大黄・厚朴・枳実・芍薬の、6つの生薬から構成されています。高齢者や妊婦さんなど、比較的体力が少ない人のための便秘解消漢方薬で、水分が少なく乾燥して出にくくなったコロコロの便を排泄するのに適しているといわれています。注意しておきたい副作用通常は食前や空腹時に服用することで、その効果を発揮することができます。ですが、服用した時に吐き気などを覚えてしまう場合には、食後の服用でも構...
続きはコチラ

桂枝加芍薬湯の効能と副作用

便秘を解消するために下剤を服用した結果、今度は下痢に悩まされるといった悪循環を起こしている人も少なくないようです。このように、体質的に便秘と下痢の両方を患ってしまう人は、漢方薬の「桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)」を服用してみるのがいいかもしれません。「桂枝加芍薬湯」に含まれている生薬の1つである「芍薬」は、便秘を解消するとともに腹痛を抑える効果があるため、下痢を起こしやすい胃腸が弱い人でも、安心して服用することができるといわれています。そのほかにも、身体を温めてくれる「生姜」や、発汗・発散作用のある「桂皮」など、「桂枝加芍薬湯」には全部で5種類の生薬が含まれています。しぶり腸とも呼ばれ...
続きはコチラ

潤腸湯の効能と副作用

便秘に悩む女性は非常に多く、その解消手段として市販されている便秘薬ではなく、漢方薬を利用する人も少なくないようです。たとえば、「潤腸湯(ジュンチョウトウ)」などが効果が高いといわれ、よく用いられています。漢方薬は、自然由来の生薬を配合して作られていますが、「潤腸湯」には、10種類もの生薬が用いられています。腸のぜん動運動を促す「大黄」や、体内の血行を良くしてくれる「当帰」、便に含まれる水分を保持することができる「麻子仁」などが主な生薬となっています。これらの生薬の相互作用により、乾燥して排泄しにくくなったコロコロした便を、スムーズに出すことができるといわれています。そのため、高齢者といった排泄...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る