妊娠中 便秘 いきむ

硬い便を出そうと、トイレでいきむのは危険?

便秘になると、便がスムーズに出ないので、どうしてもトイレでいきんでしまいます。

 

妊娠中にいきむのって、流産や早産にならないか?
赤ちゃんに負担をかけないのか?って心配になりますね。

 

排便するたびに、ドキドキしてしまうという経験はありませんか?

 

心配される気持ちは分かります。
だって、妊娠中はいきむ練習はしてはいけないって本で読んだような気がするし・・・

 

妊婦さんでそんな心配をされている人も多いので、病院の先生や看護師さんなどから聞いた話をまとめてみました。

 

まず、排便の時に入る力は子宮には影響はしないという事です。
特に、初期や中期なら問題はないという意見が多いです。
ただし、子宮口が開いている時は言うまでもなく、避けた方が良いでしょう。

 

要は、流産や早産の危険はないので、あまり神経質にならない方が良いという事になります。
しかし、あなたが心配している危険はないとしても、次の様なリスクが潜んでいます。

 

起こりうるリスク

トイレで強くいきむと、痔になる可能性が高くなったり、血圧が急上昇する危険性が出てきます。
その意味では、便がなかなか出ないから強くいきむという行為は、あまり良い事とは言えません。

 

痔になってしまったら、診察してもらうのが恥ずかしいという思いもあるでしょう。
もしいぼ痔になり、それがひどくなると座っていても、歩いていても、寝がえりを打つだけでも激痛が走ります。
そうなってしまってからでは遅いので、痔にならないようにする為にも、便を出すのを我慢するのは良くない事なのです。

 

また、いきむのを怖がって便秘を長い期間ほっておく方が赤ちゃんへの悪影響などのリスクが出てくるので、日頃から便秘を解消する努力をする事が大切だと言えるでしょう。

 

なるべく、いきまないように排便するには、息を吐きながら行うとお腹への負担は減らせます。

 

また、妊娠中でもできる簡単な運動を取り入れてみたり、便秘に効く食事をしてみるなどの便秘対策をしてみましょう。

 

それでも便秘が治らない場合は、妊娠中でも安心して飲めるサプリもありますので、検討されるのも1つの方法だと思います。

 

ぜひ、ご参考になさって下さいね。

 


このページの先頭へ戻る