なぜ妊娠すると便秘になりやすいの?

なぜ妊娠中に便秘になりやすいのでしょうか?

今までは快便だったのに、妊娠してから便秘がちになったという人が多いようですが、
あなたはいかがでしょうか?

 

妊娠中に便秘になる原因はいくつかありますが、大きく分けると3つあります。

 

まず1つ目は直腸性便秘です。

 

直腸性便秘とは、赤ちゃんが大きくなり子宮の増大により大腸を圧迫する事で起こります。

 

大腸が圧迫されると便の排出がスムーズにいかなくなります。
そうすると腸内で便が長時間たまって水分が吸収され、
その結果、便が硬くなり排出しずらくなってしまうのです。

 

便を出さないと・・・と思ってトイレに長時間座っていていきむのは、妊娠中の体には良くない事ですし、
いぼ痔になりやすくなりますので、絶対にやめましょう。

 

2つ目の原因は黄体ホルモン分泌による蠕動運動の低下です。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、生理が始まる時期から閉経まで分泌され続けますが、生理前や妊娠中に分泌量が増加します。
黄体ホルモンは妊娠中におなかの赤ちゃんが成長しやすいように子宮の収縮を抑制する働きをします。
子宮内の状態を整えてくれるので、妊婦さんにとっては有り難いホルモンなのですが、欠点もあります。
それは、子宮だけじゃなく大腸の動きも抑制してしまうからです。
その為、弛緩性便秘になりやすくなります。

 

3つ目の原因は、運動不足による腹筋の筋力低下による便秘です。

 

妊娠中は、どうしても動くのが億劫になりますが、散歩や軽めの運動などを毎日行うだけでも違ってきますよ。
「妊娠は病気じゃないから、どんどん動け」と言う事を聞いた事はありませんか?
体がどんどん重くなり、動くのがしんどい時にこう言われるとムッときますが、医者から安静にするように言われているのでなければ、積極的に運動をして体力をつけておく必要があります。
出産には体力が必要ですからね。

 

また適度な運動をする事は便秘だけじゃなく、腰痛や肩こりなどにもなりにくいです。
特に歩く事は下半身の筋肉と関節を丈夫にして、靭帯が柔らかくなるので安産に繋がります。
そしてお腹が大きくなると頻繁に起こりがちな、むくみを予防できますし、足がつったりする事も防げます。
時間などに余裕がある人は、マタニティスイミングも良いでしょう。

 

以上、妊娠中の便秘の3つのタイプをご紹介しましたが、あなたの便秘のタイプはお分かりになられたでしょうか?

 

便秘をこのままにしておくと、あなたが思っている以上に体に悪影響を及ぼします。

 

次のページでは、具体的に説明していきます。

 

⇒便秘がもたらす悪影響


このページの先頭へ戻る